FC2ブログ

【特設記事2】 Rollin'pic 2019 3on3団体戦 エントリーチーム紹介

■ No.25 / Fighting EX Layers

誠 / P 京 バルログ キャミィ
18号 / A 桜 豪鬼 サガット
マーズ / K ギース キャミィ サガット

<コメント>
FEXL勢からの友情出演?!
いや、刺客だ!
FEXL界のゾーマと称される18号、ビッグワン勢の強豪マーズに加え、あの伝説的Pグルプレイヤーである誠が復活!
当時モア勢を恐怖の底に叩き落とした攻めのブロッキングは今だ健在なるか?


■ No.24 / 斡旋

坊ちゃん / K サガット ブランカ キャミィ
みさき / K 響 春麗 サガット
村山SOURI / C リュウ ガイル ベガ

<コメント>
団体戦不参加と思われた坊ちゃんがまさかの斡旋枠で参戦。
チームメイトは名古屋のカプエスを支える村山SOURIと今大会唯一の女性プレイヤーみさき。
『チームメイトを決勝トーナメントまで導きます』
そう数日前に強気に語っていた坊ちゃん、有言実行なるか!?


■ No.23 / 北海道ナンバーティーチャーズ!ストナンよりクラナン!

かまた / C サガット 庵 響
康夫 / K サガット ブランカ キャミィ
Isaiah / K ルガール ロック 京

<コメント>
北海道勢2人に今年行われたKSB2019参加者でもあり今大会唯一の海外勢Isaiahを斡旋枠として加え結成されたチーム。
3人とも前回の遠征で得た物は多かったはず。
その成果を見せる時がきた。


■ No.22 / 亡霊 ザボンズ

ピロシキ / C キャミィ キム サガット
ノーパンツ / P チャン ギース ブランカ
ジャック /P 庵 キャミィ ギース

<コメント>
おそらく関東勢事前エントリー最終チームと思われるこのチーム。
『関東にはPグルーヴが多い』
他地域から言われる事も多いこの言葉をまさにそのまま表した構成となっている。
全国的にも見ることがなかなか少ないPチャンが台風の目となるか・・・?


■ No.21 / 新生俺達 埼玉西武ライオンズ優勝おめでとう来年は念

ワタリ / A 本田 庵 ブランカ
にまいだにゃ / K サガット ブランカ ライデン
Emilio / A 桜 ベガ バルログ

<コメント>
今大会唯一の北海道勢3名によるチーム。
北海道予選を優勝したワタリ、Kライデンを入れた準Kアレを使用するにまいだにゃ、Kグルキラーとも言えるチーム構成のEmilio。
完璧なチームバランスで組んでいるあたり、是が非でも良い結果を北海道に持ち帰りたい意気込みが読み取れる。


■ No.20 / パラ六輪

ちゃぱ / K ブランカ サガット キャミィ
コダマ / K ベガ バイソン ブランカ
GunterJPN / A ザンギエフ 藤堂 ブランカ

<コメント>
久々の大会参戦となる長野のKグラーちゃぱ、そして大会常連の関東勢GunterJPNと旧関西勢であり現関東勢のコダマを加えた攻撃的なチーム。
それぞれ個性が強いので、波に乗ったら止めるのは至難の業だろう。


■ No.19 / 国士無双

ガン / A 庵 ブランカ ベガ
kiku / C キャミィ 春麗 サガット
ミゾテル / K キャミィ ブランカ サガット

<コメント>
事前エントリー締め切りもわずかの時期に、今大会は不参加と思われていた超強豪3人が突如結成した関西名古屋九州の混合チーム。
このチームならあのチームを止められるかもしれないが、当日までに万全の状態に仕上げる事はできるのか?!


■ No.18 / トガワ親衛隊

中足絶唱TKD / C リュウ サガット 春麗
はなまるき / C ケン ガイル サガット
トガワ / N 庵 ケン サガット

<コメント>
スト4で一気に名を馳せた中足絶唱TKD、はなまるきの2名に加え、今回の大会のために2004闘劇カプエス切符持ちのトガワが復帰。
格ゲー力や実績は十二分にある3名が、現役勢に『本物』を見せつける事ができるか?!


■ No.17 / マニアックバナナ

おおた / C 庵 ブランカ サガット
しゅう / A 庵 桜 ベガ
RCK / A 桜 ベガ ブランカ

<コメント>
『カプエスを対戦するには県を越えないといけない、往復で3時間はかかる』
その悲しみを背負いつつも今の関西で1番カプエスを対戦しているとも言われているおおた、しゅうの二人に今回関西ランバトポイント総合優勝でのシード権を獲得したRCKを加えた純正関西チーム。
カプエス愛に国境はない。


■ No.16 / すぐパナす!

幽霊 / P マキ リョウ キャミィ
S沢 / C キャミィ 春麗 サガット
馨 / A ブランカ 桜 本田

<コメント>
九州エリアでのシード権を獲得したS沢、闘劇出場経験もある馨、Pリョウマキというレアキャラを使用する幽霊の純正九州チーム。
人口が少ない九州でもやり込み続けた三人が東京に殴りこみをかける。


■ No.15 / 江古田ギース軍団

キマギ / P 舞 ギース キャミィ
tobari / C チャン ギース ロレント
178 / C ライデン チャン ギース

<コメント>
江古田勢三人、そしてチーム全員がギースを使用する古参勢によるチーム。
チーム内に二人もいるCグルーヴのチャンという全国的にも使用者の少ないキャラをどう動かすのかに注目したい。


■ No.14 / start a fire

デソラ / K ライデン キャミィ サガット
むささび / C ダルシム ケン ガイル
大道楽 / A 京 響 春麗

<コメント>
旧関西勢の3人がチームを結成。
その名の通り古くからのライデン使いのデソラ、サガットを外してダルシム使いとなったむささび、そして幻惑的な動きに定評のある大道楽は今回Aグルーヴで参加。
全員火を使うキャラが入っているのがミソ。


■ No.13 / TMG

ヤマモト@走りスクリュー / K ザンギエフ ライデン モリガン
さかもと@こすりスクリュー / K 豪鬼 ギース モリガン
ゴウ@ぺろりスクリュー / K ザンギエフ ブランカ サガット

<コメント>
魂のキャラ構成でのKグラー3人が手を組んだ純正関東チーム。
3人共Kグルーヴの強みとも言える高火力のスーパーコンボを持ち合わせているキャラ構成となっているのが見所。
KザンギエフとKモリガン対策を怠るとマズイ事になるかも?!


■ No.12 / ヒラタヒロタ

ヒラタ / A ケン ベガ 響
ライ / K 響 舞 サガット
UWB / C 庵 春麗 サガット

<コメント>
全国大会優勝経験もあるライ、UWBの関東チームに関西が誇るファンタジスタヒラタが電撃参戦。
チームバランスも非常に良く、優勝戦線には間違いなく絡んでくるチームになるだろう。


■ No.11 / ゲームスポット大橋2019〜忍耐〜

うるさい☆コイデくん / N 覇王丸 リョウ ザンギエフ
ぷらす / P ユン 豪鬼 キャミィ
オーノ / P 京 ブランカ キャミィ

<コメント>
スト3 3rdのシステム解析動画等で有名なぷらす氏率いる旧長崎、現関東勢のチーム。
3氏ともこの数年間では大規模大会の出場データは無いように見られるが実力やいかに。
密かに注目しております。


■ No.10 / さっちゃんさんには敵わない

KOH / A 桜 ベガ ブランカ
つじ / N ジョー 桜 ブランカ
aoki / K ブランカ キャミィ サガット

<コメント>
こちらも名古屋のQ3をホームとするプレイヤー達のチーム(KOHは現在関東勢)。
aokiのキャラ対策、KOHのオリコンの安定感、コマコンレベルのRC精度の高さを活かしたつじの超絶連携は必見。


■ No.9 / 最終決戦秘奥義・外式ぶっぱ(三神技の壱)

細マッチョ / A 響 ベガ ブランカ
ヤマモト / A 響 桜 京
かおるだ / C 藤堂 マキ イーグル

<コメント>
安定感の高い細マッチョ、トリッキーなオリコンを使いこなすヤマモト、現在やる気の塊とも言われているかおるだの純正名古屋チーム。
毎週金曜日はかおD(かおるだカプエスDayの略)というのはもはやQ3勢の中では常識。
名古屋へお越しの際は一度おいでませ。


■ No.8 / ヒラタの息子達

火澄 / A バルログ ベガ ブランカ
チャリ / C バイス 本田 サガット
SAW / C 桜 キャミィ 春麗

<コメント>
闘劇出場経験のあるチャリとSAWに加え、カプエス2よりゼロ3にお熱な火澄を加えた純正関西チームが関東に殴りこみをかける。
火澄が名古屋予選を通過した事からリハビリは順調か?
3人共地力はあるので後は対戦勘を取り戻すだけだ。


■ No.7 / ミカド勢、リトライ!

GAO / K ギース ナコルル ロック
ガーリックjr / K ベガ ブランカ ギース
うぇい / P キャミィ ブランカ サガット

<コメント>
GWに大阪で行われたKSB2019において見事優勝を勝ち取ったGAO率いるミカドチーム。
GAOの爆発力以外にもう一つ武器が欲しいところ。
カギはうぇいのブロッキング後のコンボ精度か又はガーリックjrの立ち回りの練度か?


■ No.6 / ピノキくうさじん

ピノキオ / K 京 キャミィ サガット
カズキ / K キャミィ ギース サガット
タオル / C リュウ キム サガット

<コメント>
長野+石川+東京の混合チームではあるが、それぞれ使用キャラのポテンシャルを最大限に引き出している猛者が揃っている。
高難度、状況限定ではあるが、このゲームで唯一の即死コンボを実装しているタオルCキムの爆発力に要注目だ。


■ No.5 / Triathlon

コーサカ / A さくら ベガ ブランカ
YSK / A さくら ベガ ブランカ
Coates | D44Bas / A バルログ ベガ ブランカ

<コメント>
平和な2019年に東西のトップAグラー3人がチームを結成するという事件が発生。
1人倒すのも困難なのに倒しても同等なAグルが更に2人控えているという過酷さはまさにトライアスロンそのもの。
Aグルの威信をかけ全戦必勝を狙うこの極悪チームをどこが攻略するのか?
それとも歴史はまた繰り返されてしまうのか・・・。


■ No.4 / 月華勢

屋根 / K ギース テリー サガット
喫音 / K 響 春麗 サガット
ミナミ / C ブランカ サガット ジョー

<コメント>
6年ぶりに再結成された京都+大阪+東京の混合チーム。
ガードクラッシュと昇り中段の屋根、ジャストディフェンスからの反確精度の高さがウリのシード保持者喫音、
そして月華の剣士2界で名を馳せるミナミのジョーの黄金のカカト、
と個性溢れる3人が南浦和の地で再び躍動する(予定)。


■ No.3 / 建国戦隊ロレンジャー

MoMo / C 庵 山崎 ロレント
ギーハー / C 庵 ブランカ ロレント
ようすけ / C ブランカ サガット ロレント

<コメント>
世界的絶滅危惧種のロレント達が令和の時代に同盟を組んだ。
キャラ愛は全てを凌駕する。
同志三人による理想国家の建国はここから始まるのか。
三者三様のロレントであるだけでなく、それそれがバランスの良いチーム構成のため、
相手からしたらかなり厄介な存在になること間違いなし。
ただし、爆弾の使用は控えめに!


■ No.2 / なんでもいいよ

Pルガ / P サガット ブランカ キャミィ
ピンク / K チュンリー さくら キャミィ
オーハラ / C サガット ブランカ キャミィ

<コメント>
元横浜勢同士で結成したチーム。
高精度のジャストディフェンスを持つピンク、試合運びに安定感のあるオーハラ、
そしてPルガは魂のPルガールを外してのチーム構成、と今大会への勝利にかける意気込みが出ている。
得意のチームワークで上位進出を狙いたい。


■ No.1 / ビッグワン勢

イマイズミ / A 庵 さくら 響
hiro / C マキ ギース チュンリー
斗奈 / C ロック 舞 マキ

<コメント>
開催地南浦和ビッグワンから参戦。
チーム内に2大強キャラのサガットとブランカはいないが、レアキャラであるCマキを2枚と、
Aグルの準レギュラー陣を揃えているので侮れない。
課題は個々のコンボ力、しっかり準備して臨みたい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Molento F. Schugerg

Author:Molento F. Schugerg
関東でロレント使ってます。
使うキャラの条件は、黒い、悪い、白目、のどれかに当てはまる者から選びます。
本当はおっぱい大きいキャラとかも使ってみたいです。
蕎麦を食べられません。死にます。
マカダミアナッツも駄目です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR