FC2ブログ

思い出した事2つ

1つ目は、大会でのGAO vs TOM23戦。
GAO先生がTOM23の先鋒山崎に大将庵まで引きずり出される。
死に際の山崎が最後っ屁ギロチンを近距離でぶっぱ。
GAO庵はそれをまさかの昇竜返し。
ガードして反撃すれば良いじゃない!万が一ミスって食らったらどうするの!
本人曰く、ゲージを貯めた、と。
いや、ガードしてから反撃してもゲージ溜まるし、というか、ゲージ満タンだし。
ん?溜めたのはスパコンゲージではなく、GAOゲージ?!?!
まあ、結局なんだったのかよくわかりませんが、ああいうのもそれはそれで大事っていう面もありますよね。
自分に気合を入れるため&相手を威嚇するためにも敢えてガードせずに返す、と。
あと、観客を楽しませられるプレイ(笑

これ思い出した。
https://www.youtube.com/watch?v=MD7YobzjvpA
https://www.youtube.com/watch?v=w0M2oOowDeA

そういや、いつだかの動画でタオル先生のサガットが近距離のダイレクトぶっぱを下キャノンで迎撃してたな。
あれもガードしてから上キャノンで良いじゃない、と(笑
きつねさんが実況で大興奮してたのを覚えてるなぁ。


2つ目は飲み会で出た話題。
実況が喋ってはいけない事がある、って話が今巷で話題なんだとか?
反確の知識を事前に話すのは良くない、という話になっていた。
事後に、『今のは反確ですね』と説明するのはOK、と。
要するに、闘っている最中のプレイヤーの知らない事を言ったり、知っていたとしても思い出させてしまったり、その実況が聞こえた結果として試合内容に影響を与えてしまうのは良くない、という話だと解釈しました。
まあ、そうですね。
そもそも戦っている最中の選手に実況が聞こえる、という事自体が厳密には競技としてあり得ない、と思うけど。
将棋を打ってる人たちに放送の解説の人たちの声が聞こえて、今の手は/次の手はあーだこーだというのが耳に入るのと同じだと思うし。
ずっと前に、ピロシキさんのキャミィがGAOリュウの波動に押されてて、実況しながら思いついたので、
食らいリバサスピドラ入るんじゃないですかね、
と言った事があるんですよね。
それが聞こえたのかわからないけど、次の瞬間まさにキャミィが波動を食らってスピドラしてた。
しかも当たらなかった。
ちょっと遠かったのか、リバサになってなかったのか、わからないけど。
あれが、実況が聞こえた結果だとしたら申し訳ないな。二人ともに対して。
普段あんまりちゃんとその辺線引きして喋れてるわけじゃないけど、気をつけないといけませんね。
まあ、あくまで『厳密には』ってところで、例えばメインイベントの後の紅白戦とかは気軽にフリートークしていればいいと思うし、ランバトとかでは気をつけて行きたいところ。
ちなみに、自分は試合中は実況が断片的にしか耳に入って来ないし、もし知識系の何かが聞こえて来たとしてもそれで何か動きが変わるという事はないかな。
ただ、それは人によって違うと思うので、やっぱりデリケートな部分だとは思います。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

今回も有難うございましたっ。
安定のモモ実況、素敵だった!
モモさんがホー〇民されるに100ぺリカ、デBET。

No title

運営お疲れ様でした!
また企画して下さい(笑

私が誰から放置されてもゴウさんだけは相手してくれる!
あと、ウェイさん。
プロフィール

Molento F. Schugerg

Author:Molento F. Schugerg
関東でロレント使ってます。
使うキャラの条件は、黒い、悪い、白目、のどれかに当てはまる者から選びます。
本当はおっぱい大きいキャラとかも使ってみたいです。
蕎麦を食べられません。死にます。
マカダミアナッツも駄目です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR