FC2ブログ

久々の新宿

二郎食いたい!
ここ暫く二郎を食っていないので、禁断症状が。
昔は二郎を食うなら麺少なめなぞは邪道であり、完食しなければ負け、みたいに思っていましたが、最近は麺少なめで食べてます。
もう、良いんだ。食べたいように食べよう。
二郎は食いたい。でも、あんなの全部食ってたら早死にする。

最近胃がずっと気持ち悪いんですけど、原因が良くわかりません。
花粉症の症状で、胃が気持ち悪くなるレアケースがあるらしいので、もしかしたらそれかも。。。。
一日中胃が気持ち悪いとテンション下がる。

さて、新宿に関西からチャリさんがいらっしゃると聞いたので、半年ぶり位に新宿へ。
久々に行ってみたあの街はやっぱり人ごみが辛くてめげそうでした。
他にも濃い面子が集まって楽しかった。
チャリさんは存在は知ってたのですが、初対面でした。
会社の星野さんに余りにも似てたので、そのまんま頭の中にホシノさんというニックネームが浮かんだのですが、大人なので呑み込みました。
バイス本田サガットという、コンセプトは良くわかりませんが、なんだか拘りを感じるチームですね!
好きなキャラを使う!という気持ちが感じられるプレイヤーは大好き。
本田戦は慣れないので、めっちゃ警戒して臨みました(笑)
やっぱ我慢強さが問われますね。
あと、予想外の展開で発生したチャンスでちゃんとコンボを決められるように集中しないと。。。
上手く頭突きを誘ってバックジャンプできた、とかそういう時は勿論なんですが、前キャン張り手が前転に化けた時とか、強の頭突きが出ずに弱で出てしまった(前転の入力で)時とか、そういう想定外に転がり込んできたチャンスに単発ではなくて、ちゃんとコンボを入れられるようにしないといけませんね。
ダメージを取れる機会をたくさん作ることが難しい相手キャラなので。

ちなみに、昨日の私のプレイのハイライトは、対本田の被起き攻め時の投げ連4連発でした。
3回大足食らって4回目に投げた!本田は死んだ。
次こそ生大銀杏来る!と信じて4回とも大Pを激しく連打してました。
途中から面白くなってしまって、死ぬまでやるつもりでした(笑)

その後飲み会があるとの事だったので、急遽女帝に電話で土下座して参加。
楽しかったー。
みんな、やっぱりアノ話で盛り上がるんだから、もう、お下品!
飲み会から戻ったらデビ様を延々と虐殺するGAO先生の姿が・・・・・

お疲れ様でした。
スポンサーサイト



ポイントマッチ

次回、4/26のバーサス配信は私の企画、第二回ポイントマッチです。
ポイント表を公開します。クリックして拡大してね。

第二回ポイント表

今回は私はポイント作成の方針だけ決めて、あとは各グル毎にスペシャリストにお願いしました。
あくまで大会向けのポイント表、ということで、グル毎の平均点とか、使いやすさの考慮とか、いくつか条件があったので、必ずしも作ってくれた人の考えるキャラランクそのものではないと思うけど、まあ、これを見ながら自分の思うキャラランクと比べてみるのも一興ではないでしょうか。

お願いした人達。
・ Cグル → 世界で一番プレイスタイルが格好良い人
・ Aグル → 世界で一番48グループが好きな人
・ Pグル → 世界で一番逆転する人
・ Sグル → 世界で一番カプジャムが好きな人
・ Nグル → 世界で一番びっくりするような一点読みをする人
・ Kグル → 世界で一番凹んでる人
さて、誰でしょう。
Kグルは、かなり理論的なポイント振り分けの説明を貰いました。
キャラ基本性能が何点で、使いやすさが何点で、大会補正が何点で、平均点補正で・・・・・
Pグルは最後の最後まで悩んで貰ったようで、そこまで真剣にやって頂けるとはありがたい!
Cグルは1,7点のキャラがいないのが注目点ですね。
CグルらしいといえばCグルらしい(笑)
どのグルでも強キャラなロレントがSだと・・・・・でも、本当にそう思います。
見るだけでもいろいろ楽しいと思います!

大会ルールは、合計ポイント10点以下、3キャラチーム縛り、です。
一ヶ月間、考えてみて下さい!
宜しくお願いします!


別の話題ですが、イマイズミさんが、深谷ロボットでの対戦動画をアップしているのを見付けてしまいました。
https://www.youtube.com/channel/UCFdoqK7PIkwT9GN_i03Dt_A
このゲーセン、ラインナップを見るだけでも楽しい位!
ファンタジーゾーンなら今でも1コインクリアできるぞ!
大魔界村と源平討魔伝は今でも1コインクリアできるかな?
何て楽しそうなゲーセンなんだ。。。。行ったらカプエス以外のゲームばっかりやってしまいそう。
動画を観る限り、深谷勢?の方もなかなかの腕前のようです。
埼玉県民よ!目覚めるのじゃ!
深谷のカプエスを盛り上げましょう!
昔は埼玉もカプエスが盛り上がっていたのでは?
川越マグマとか・・・・・・行った事ないけど。川越と深谷って近いかどうか知らないけど。

ではでは。

第44回配信、お疲れ様でした

参加者14名、最近は割と安定して10人は超えているので大会の体は成立しています。
ただ、欲を言えば、20人位集まったら幸せだなーと、思っています。
さて、今回はカナダからの参加者がいらっしゃいました。
くじ運が最悪でした(笑)が、楽しんで行って貰えたら良かったな、と。
昔はカナダでも4,50人のプレイヤーがいたみたいですね。
今はもう対戦できない、と。。。。残念。
東京でも10人ちょいがやっとだもんなぁ。関西もかなり厳しい参加状況らしいですし。。。。
バーサス配信も人数がかなり厳しい時もありましたしね。
ただただ、危なっかしい時もありましたが、それでも、なんだかんだで44回ですよ。
もうじき50回じゃん、とふと気づいてびっくり。
50回記念に何か大きいイベントができればやりたいな、と思っているのですが、色々とハードルがあるので、実現できるかどうかは不明です。
でも、考えてみる!

今回の結果や動画はもうアップしたので、HPの方からどうぞ!
Pルガさん対コーサカさんの試合の最後が熱い!
あの状況だと全部のけん制にキャンセルサプバを仕込むべきでしたね。
後からなら何とでも言えるんですが(^-^;
あと、UWBくんはブランカがまだ庵以下の働きなのですが、その分春麗の責任感が強くなって(?)超強かった(笑)
あと、ルーフマンさんは凹んでいた。

配信前日からUWBくんと遊んでいました。
数時間ぶっ続けでカプエスの対戦動画(屋根キャミー)を観てたけど、時間経つの超早いわ(笑)
大人数で動画鑑賞会するのも楽しいかもね!
みんなであーだこーだ言って、そういうのを配信するのも楽しい気がします。
そういう配信環境はないので、誰か優しく教えて下さい!
本当はUWBくんと一緒に観たい映画があったんだけど、借りられなかったのでカプエスの動画を観るだけになってしまった。
また是非来てね!

さてさて、次回の配信はポイントマッチです。
ポイント表は完成しているので、ルールとともに2,3日中にはアップします。
今回のポイント表は前回のよりは比較にならない出来なので、ご期待下さい(笑)
よろしくお願いしますね!

明日は配信です

ランバトなので、ガチ企画をお望みの方は楽しみにどうぞ!

昨日は仕事で、12歳位年下の学生達に囲まれてたわけですが、自分が若くない事を痛感してちょっと凹んだ。
もうおっさんだー、とか言いながら内心それほど自覚はなかったんですけど、流石に世代差を感じました(^-^;)
良いですね、学生。皆若くて、元気いっぱいで。
俺もあんなんだったんだなぁ。

さて、仕事帰りに横浜を通ったのでフリーダムを覗いてみました。
うう、やはりカプエスはない。。。
入れ替えとかも不可能なのかな。
アメグラ閉店後にフリーダムで対戦したのはほんの2,3回なのでこのゲーセン自体に思い入れはないんだけど、やっぱあの街に行くと、アメグラに通ってた頃を思い出してしんみりするなぁ。

秋葉原からもカプエスが無くなったという情報が入って来ました。
秋葉は人が結構いて稼動していたようなのですが、何故なんでしょうね。。。。残念!

目が合っただけで女性が妊娠する、とまで言われたカプエス界のセックスシンボルと久々に連絡を取ったところ、非常におめでたい事になっていて非常におめでたい!
黒い超イケメンのC豪鬼ロックギースといえば、昔はかなり目立っていたと思うので、知っている人もいるのではないでしょうか。
強かったなー。
俺がロックと豪鬼をサブキャラとしても全く使わないのは、彼のロック豪鬼みたいに使える自信が全く無いからです。
あと、覚える事が多そうなキャラは面倒臭い(笑)

藤沢

タガメさん

会社を早く上がれたので、藤沢に行ってみたんです。
このゲーセンは綺麗なので好き。
カプエスで超良い勉強になる対戦ができて大満足。
偉そうな言い方になったら申し訳ないけれど、最初に認識した頃とは比較にならない位強くなったプレイヤーがいて、正直びっくり。
あのゲーセン、人も少ないし、よくあの環境でここまで強くなったなぁ、と思います。
K豪鬼はサカモト先生のに近い物を感じた。
ていうか、K豪鬼の飛び越し空中竜巻はサカモト先生っぽいし、Kサガットの対ロレント戦空対空は屋根先生っぽいし、よく研究してらっしゃる、、、、
動画観ているのかしら。

昨日は最近ちょっと練習しているガイルとサガットで。
ガイル難しいなぁ。落ちない飛びに反射的にしゃがみ強Pを出してしまって、接近されて負けというケースが多過ぎる。
しゃがみ強Pをメインにして、立ち中P、前キャンソニック、空中投げ、前転で逃げる、、、と使い分ける必要があるんだけど、相当経験が必要だわ。
しゃがみ強Pも根元と伸びきった所で使い分けないといけないっぽい。
リュウのアッパーと同じタイミングで出しちゃ駄目みたいなんだなぁ。
あと庵を使ってみたけど、こりゃーいかん。
流石にちょっとリハビリしなくては。。。。

こちらの課題をかなり明らかにしてもらえたので次は改善しないと申し訳ない。
相手はどんどんこっちの行動に対応してるのに。
タカヒロくん(← 女帝命名)、また対戦宜しくお願いします。

昨日あった驚きのできごと。
弱P×3 ⇒ レイド の3発目の弱Pでギースがぴよる。
→ レイド空振り
→ ちょっと遅れて飛びからフルコンボしようとする
→ 一瞬でぴより回復の後リバサレイジングストーム
→ サガット死亡

ぴよったギースにちょっと遅れたら地上からコンボ入れろという教訓ですな(笑)
というか、もしあれが配信の場で、GAO先生が実況してたらどうなっていたことか。
多分マイクとスピーカーが破壊されてバーサスが停電してたと思う。。。。

イナゴさん

来週22日(日曜)はバーサス配信です。
今回はランバトです。
今期のランバトもあと2回かな。
宜しくお願いします。

カイモッデーン

4月のポイントマッチの表もほぼ出揃いました。
3月の配信が終わったら公開しますね。

ゲーム性と競技性

日本もプロ格ゲーマーが複数人出て来て、格ゲーの競技性、エンターテインメント性が定着して来たと感じます。
先駆者は偉大ですね、本当に。
ほんと、格ゲーが好きだなんてのは、俺が小さい頃は人に胸張って言える物ではなかったし、まさか(開発とか雑誌以外で=プレイヤーとして)それで飯を食える人が出てくるジャンルになるなんて思ってもいませんでした。
まあ、ド田舎に住んでいたし、ネットも無かったし、格ゲー的な視点で孤独だったのは間違いない。
関東に来た頃がネットインフラも発達してきた頃で、ゲーセンでもネットでも格ゲーマーコミュニティの存在を感じたのは割とカルチャーショックでした。
SNSの普及であの頃よりもゲーマー同士の繋がりが強くなっているし、大きな賞金が出る大会が増えたり、海外の大会も規模が大きくなってきたり、プロが誕生したのは、今となっては必然と感じます。

とは言っても、まだまだ規模が小さすぎるし、プロゲーマーが数人いる程度だなんてのは、業界として成り立っているとは言えないと思う。
ここでいうプロゲーマーというのは、それだけで飯を食えるレベルの水準の所得がある人の事。
一時期あの人もこの人もプロになったよ、と言われた頃の、企業がスポンサーになってちょっと援助がある程度の人は除きます。
そういう人を抜かしたらまだプロはほんの数人しかいないよね。
その数人は今は広告塔として恐らくかなりの収入があるだろうけど。本も出しているしね。
企業としては、社員を数人雇う位のお金を払って良い宣伝になるんだから、コスパも悪く無いはず。
なので、今のこの状況から格ゲーがプロ競技として拡大していくためにはどうしたら良いか、が難しいところ。
このプロ格ゲーマー黎明期の数人は、悪い言い方をすると、VIP待遇されるべきしてされている面があり、今後人数が増えて来たらそうも行かないので、今後多くの人がプロになってプロ格ゲーマー業界が確立されるためには、本当に格ゲーがお客さんからお金を取って定常的に利益を生む競技にならないといけないと感じます。
いやいや、○○の大会では○万人集まって賞金は○千万円で、凄く盛り上がってるよ・・・・・という人もいるかもしれませんが、そういう局所的な盛り上がりではなく、定常的に、ってのが1番大事で、それが1番難しい所だと思います。

格ゲーが競技として確立されて、世に定着されるために必要な物は3つあると感じます。

① 手軽さ
これは全く問題無いと思います。
プレイ単価も安いし、今は数千円出せば家でいくらでもホンモノをプレイできるんだし。
(話は逸れますが、初めてSFCのスト2を家でプレイした時の興奮は凄かった!家でいくらでもできる!って。流石にSFCなのでゲーセンのホンモノと全然違うにしても)
オンライン対戦の普及も格ゲーの敷居を下げた点で貢献が大きいですね。
寒い所に行かないとできないスキーとかスノボよりよっぽど恵まれていると思います。

② ただ、単純に観ていて面白い物である事
これはどうなんだろう・・・・
俺は格ゲー自体のプレイヤーでもあるので、やらないゲームだとしても観ていて楽しめます。
やらないゲームは駆け引きそのものがわからないにしても。
大事なのは格ゲー自体全くやらない人も楽しめて、観るためだけにお金を払う、って事で、そうではないと、興行収入が成り立たないと思うんですよね。
サッカーやらないけど、サッカー大好きでJリーグを観に行ったり、色々とお金をつぎ込む女の子、みたいな層が増えないと、どうしても業界として拡大しないと思います。
観ているだけで楽しい、って人は増えているようには感じますが。何となく。
勿論、観ているだけの必要はなく、プレイしてくれれば業界への貢献になるので是非プレイして欲しいです。
とりあえず、通りがかって観てたら楽しそうだった、というのが引き付け要素として最重要ですよね。
キャラの魅力、演出の魅力、大会の盛り上がり、トッププレイヤーの格好良さ(見た目大事)、とその辺は開発メーカと現プレイヤー層の努力が後の結果になると思います。

③ 競技性
これが、1番難しい。
格ゲーのプロが出たって聞いた時からずっと考えています。
格ゲーの他の競技種目との最大の違いであり、ある意味1番の魅力でもあると俺が思っているのが、異質な物同士の闘いって事なんだよね。
機動性、攻撃面、防御面、と全然異なる性質の物が戦う所にドラマが生まれるからこそ格ゲーは楽しいと思うんだよね。
それはそのままキャラ差という不公平さに繋がる。
そのキャラ差自体も格ゲーの魅力であって、不利キャラで強キャラを倒す事に燃える人もいるだろうし(俺は違うけど)、大会で弱キャラが強キャラを倒すと観客は間違いなく盛り上がりますよね。
鼻息荒く、「キャラ差とか言う奴は強キャラ使えば良い」と正論を振りかざしている人も見て来ましたが、それは逆に今では格ゲーを「たかがゲーム」の世界に押し返す行為だと思うんですよね。
一昔前だったら正しかった。
カプエスで言うと、勝ちを最優先(プロなんだから当然)するがあまり8割の人がAバルログベガブランカ桜ロレントから3人選んで、1割がKブラサガキャミギースロレントで、残り1割がCNグルのブラサガ庵ロレント(SPグルは絶滅)、だなんて状況になったら、誰が金払って観戦しますかね?
サードなんか全員春麗しか使わない。

プロ競技であるためには、今後は今より公平性が必要になり、それが格ゲーの元来の魅力と背反的だと思います。
そういう話を先日友人としていました。

その結論。

格ゲーのあるべき姿というのは、強キャラはいても良い、というかいるべきで、その強さの質が他のキャラの行動を大幅に制限してゲーム性を狭めるような物であってはならない、という事です。

やれる事が多かったり、色々な行動の単価が少しずつ高い、というのはあるべき強キャラの姿で、初心者救済措置としてや、格ゲーの本来の魅力を保つという意味でも重要な存在。
弱キャラは弱キャラでいてもOK。弱すぎるキャラは使わなくても良いだけ。
ただ、弱いキャラを仕上げる職人の存在は格ゲー界に絶対必要。
あるべきでない強キャラの例えは、↑に書いたような事で、カプエスで言うと、近寄ってボタン同時押して7割確定してしまう削りオリコンとか、リュウが怒っているKサガに対して中足を振れなくなる状況の事。
リュウとKサガの例えはその友人が言ってたんだけど、神がかった例えだと思いました(笑)
(勿論プロ競技としての話なので、前キャンはカプコンに削除されてなくなっている前提)

良い強キャラだとしても、目押しをちょっと難しくする、とか体力を減らす、とか、天敵(中堅キャラ位で)を作るとか、そういう調整はあるべき。

格ゲープレイヤー層のやり込み(研究)は開発陣が限られた開発期間で想定できるレベルより遥かに先だし、思ったようにゲームバランスを調整するのは難しいと思いますが、そこはメーカとプレイヤーで情報交換しながら開発して、こまめにバージョンアップして行くしかないですね。
その点は出来始めている気がします。
ウル4やったことないので、なんとなくですが。

10年後にプロ格ゲーマーが増えて、一つの競技として地位を築けているか、今から楽しみです。


ちなみに、格ゲーは異質な物同士の闘いが魅力と書きました。
カプエスで言うと同キャラ戦は超良ゲーか超クソゲーどっちかに激しく偏る気がする。
胴着系とかサガットの同キャラは良ゲー。
酷いのは響桜キャミー藤堂あたり?目も当てられない糞ゲー。
ロレント同キャラは超楽しい。

カプエス以外の話

Twitterでは書きましたが、カプエス勢でホラー映画好きも多いようなので。
カプエス以外の記事も。

久々に映画ポルターガイストを観直していて、やっぱ凄い作品だなぁ、と思ったのですが、このシリーズと言えば、作る度に出演者がどんどん亡くなって行き、3作目の直後に主人公キャロルアン役の子まで亡くなってしまい、ついに打ち止めになったという凄い映画。
そういえば、むかーし、アメリカで遊んでた時、近所にその子のお墓があって、お墓参りに行ったなーと思い出しました。
すっかり忘れてて、この写真探すのに苦労した。
Heather.jpg
同じ所にマリリン モンローやフランク ザッパのお墓もあったよ。
27年の時を経て、ついにポルターガイストのリメイク?新作?が出るようなので、楽しみですね。
タタリとか幽霊とか一切信じていない俺でも、出演者は度胸あるなー、と思ってしまいます(笑)

あと、カプエス勢に虫好きは全くいなさそうですが、仲間を増やすためにも。
近所のタイ料理屋のママと仲良くなってしまい、↓のような料理を作って貰いました。
Kohrogi.jpg
虫を食べると言っても、はちのことかイナゴの佃煮は大嫌いです。
甘ったるいだけで、素材の味が全くわからない。
はちのこは塩茹でのが大好き。
↑のチンリィもレモングラス和えの揚げ物で、素材の風味が損なわれずに美味しかった!
何に似てる?と言われても、例えられない感じ。
新しい経験ができて感動。

近々(格ゲー的な意味で)真面目な話を書きます。
プロフィール

Molento F. Schugerg

Author:Molento F. Schugerg
関東でロレント使ってます。
使うキャラの条件は、黒い、悪い、白目、のどれかに当てはまる者から選びます。
本当はおっぱい大きいキャラとかも使ってみたいです。
蕎麦を食べられません。死にます。
マカダミアナッツも駄目です。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR